ここから本文です

<速報>アン・ソンジュが大会3勝目へ首位快走 初優勝目指す松田鈴英が猛追

10/14(日) 12:25配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<富士通レディース 最終目◇14日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

【関連写真】賞金ランク勢がバチバチのガチンコ勝負!リアルタイムフォトでチェック!

国内女子ツアー「富士通レディース」最終日。全選手がハーフターンを終えて、大会2勝のアン・ソンジュ(韓国)がトータル7アンダーで単独首位に立っている。

1打差の2位には2012年の覇者で地元・千葉出身の成田美寿々と昨年2位のイ・ミニョン(韓国)。トータル5アンダーの4位タイには、この日3つ伸ばしている今大会で初優勝を狙う松田鈴英、東浩子がつけている。

2日目を終えて1打差の3位タイにつけていたテレサ・ルー(台湾)、永井花奈、三ヶ島かなは軒並み後退。永井、三ヶ島は2つスコアを落としてトータル3アンダーの9位タイ、大会2勝のテレサは3つ落として19位タイと順位を落としている。

また、8試合ぶりに予選を突破した三浦桃香は、スコアを2つ落としトータルイーブンパーの27位タイととなっている。

賞金ランク3位の鈴木愛、同2位につける申ジエ(韓国)も9位タイとじわりと上昇。トップを走るアンは賞金ランク1位、成田は同5位。賞金ランク上位勢の待ったなしのバックナインとなっている。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/14(日) 12:28
ゴルフ情報ALBA.Net