ここから本文です

「源氏」の魅力、彬子女王語る 京都のセミナーで講師に

10/14(日) 12:02配信

京都新聞

 源氏物語の魅力を紹介する「源氏物語セミナー」が13日、京都府宇治市宇治の市源氏物語ミュージアムで開かれた。日本の美術と文化を研究している彬子女王が講師となり、「お風呂で源氏物語」と題して古典文学を身近に感じて楽しむ方法について語った。
 セミナーは同市教育委員会が主催し、約100人が参加した。
 彬子女王は留学先の英オックスフォード大で校友から「日本は忍者がいるんでしょ」と言われたエピソードを紹介。「日本のことをもっと勉強して伝えたいと思うようになった」と自らの学びについて話した。
 源氏物語については、日本文学研究者のドナルド・キーンさんの講話を聞いて原文で読もうと決意したという。半身浴しながら毎日少しずつ読み進め、「現代語訳では分からなかった情景描写の美しさを感じた」と振り返った。
 最後に、「古典は最初から文字だけで読むと想像しにくかったりする。古典をテーマにした漫画から入ると、原典を読んだときに違いも楽しめる。自分のペースで少しずつ楽しんでほしい」と参加者にアドバイスした。

最終更新:10/14(日) 12:02
京都新聞