ここから本文です

茂木再生相、米の「為替条項」要求けん制=車関税はTPP並撤廃求める

10/14(日) 12:36配信

時事通信

 茂木敏充経済再生担当相は14日、NHKの番組で、ムニューシン米財務長官が日本と始める物品貿易協定(TAG)交渉で自国の輸出企業などに有利な通貨安誘導を防ぐための「為替条項」導入を求める意向を表明したことについて、「日米間で為替の話が問題になっているとは思っていない」と述べ、米国をけん制した。

 米に環太平洋連携協定(TPP)と同等の自動車関税撤廃を求める考えも示した。

 米国はメキシコ、カナダと合意した北米自由貿易協定(NAFTA)新協定に為替条項を盛り込んでおり、日本や欧州連合(EU)にも導入を求める方針。TAG交渉を担う茂木氏は「(交渉開始を決めた)日米共同声明にも為替の話は入っていない」と強調。一方で「必要な議論、コミュニケーションは財務相同士で緊密に行っていく」と述べ、米の出方を見極める姿勢を示した。 

最終更新:10/14(日) 13:33
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ