ここから本文です

国際秩序守るため協力を=日中フォーラムで福田元首相―東京

10/14(日) 14:38配信

時事通信

 福田康夫元首相は14日、東京都内で開かれた「東京―北京フォーラム」で講演し、国際秩序を維持するために、日中の関係強化が重要だとの認識を示した。

 
 福田氏は、トランプ米大統領など自国第一主義を唱える風潮が強まっているとして、「戦後の平和と発展を支えてきた国際的な枠組みがきしみ始めた。国際秩序を保持し、発展させることが日中、アジア、世界全体の利益となるが、(日中)2国間のことが解決できなければ話にならない」と指摘した。

 中国の徐麟・国務院新聞弁公室主任も「世界2、3番目の経済大国として、ともに多国間主義と自由貿易を守っていく声を上げなければならない」と強調した。

 フォーラムは、日本の民間団体「言論NPO」などが主催。日中の有識者ら計約100人が15日まで2日間にわたり、両国関係の在り方などを議論する。 

最終更新:10/14(日) 14:52
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ