ここから本文です

アダム・スコットは最終日も大荒れ 初日好スタートからの失速に「驚いている」

10/14(日) 16:18配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本オープン 最終日◇14日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

【スイング連続写真】バックスイングが美しい アダム・スコットの最新ドライバーショット

2年ぶり4回目の出場で、目指した優勝どころか、上位争いにも入れずにトータル6オーバー・50位タイに終わったアダム・スコット(オーストラリア)。「木曜日がよかっただけに少し驚いている。最後の3日間の内容にはがっかりしている」と、力なく答えた。

2日目以降の乱調については、「アライメントがブレはじめ、プレー中に調整しようとした結果、ショットに悪影響を及ぼしてしまった」と、精密機械のようなスイングを持つスコットも、一度狂ったペースを立て直すことはできなかった。

過去3度の出場で7位タイが最高。2年前は予選落ちまで喫している。「この週はなぜか、いつも調子が悪いのでフラストレーションがたまる。今週のコースは優勝するチャンスがあるコースだと思っていた。来年も招待してもらえたら、ぜひ優勝したい」と、出場に前向きな姿勢を見せた。

今後については、次週の米国男子ツアー「ザ・CJカップ at ナイン・ブリッジス」(韓国)とその翌週の「WGC-HSBCチャンピオンズ」(中国)に出場して、今年のプレーを締めくくる。「少し喉が痛くて、体もだるい」と、体調を崩していたことも明かしたスコット。来年こそは念願の日本初優勝を果たすべく、再来日を果たしたい。(文・高桑均)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/14(日) 16:18
ゴルフ情報ALBA.Net

Yahoo!ニュースからのお知らせ