ここから本文です

桃田 不適切行動を謝罪、ドーピング検査の女子選手が部屋に

10/14(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 バドミントン男子世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が13日、自身の不適切な行動を謝罪した。欧州遠征へ出発した成田空港で取材対応。「お騒がせして申し訳ありません。軽率な行動で、また迷惑をかけてしまいました」と反省し「自分が表現できる場はバドミントンしかない。そこで示したい」と話した。

 今年5月、東京都北区の味の素ナショナルトレセンでの代表合宿中、ドーピング検査時に不在だった女子ダブルスの福島由紀(25=岐阜トリッキーパンダース)が桃田の部屋にいたことが発覚。両選手は日本協会から厳重注意を受けていた。