ここから本文です

アーモンドアイが牝馬3冠=史上5頭目の快挙―競馬秋華賞

10/14(日) 16:00配信

時事通信

 中央競馬の3歳牝馬3冠レース最終戦、第23回秋華賞(GI)は14日、京都競馬場の芝2000メートルコースに17頭が出走して行われ、クリストフ・ルメール騎乗で単勝1番人気のアーモンドアイが1分58秒5のタイムで優勝し、桜花賞、オークスと合わせた牝馬3冠を達成した。2012年のジェンティルドンナ以来、史上5頭目の快挙。

 ルメール騎手、国枝栄調教師ともにこのレース2勝目で、ルメール騎手は昨年のディアドラに続く連覇。国枝調教師は10年のアパパネに続いて史上初の2度目の牝馬3冠。

 アーモンドアイは後方4、5番手で最後の直線に入り、大外から一気に差し切った。1馬身半差の2着に5番人気のミッキーチャーム、3着には3番人気のカンタービレが入った。 

最終更新:10/14(日) 18:03
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ