ここから本文です

吉本興業が少女歌劇団旗揚げ 11月1日から11~17歳を対象に募集開始

10/14(日) 15:56配信

デビュー

 吉本興業が14日、京都市内で『少女歌劇団プロジェクト概要発表会見』を開催。メンバー募集を11月1日から12月31日まで行うことを発表した。応募資格は2018年12月31日の時点で満11歳から満17歳までの女性で経験・居住の地域は不問。年明けよりオーディションを実施し、4月ごろにメンバーが決定、夏のデビューを目指す。

【写真】吉本興業『少女歌劇団プロジェクト概要発表会見』に出席した三秋里歩

 少女歌劇団は『清く・明るく・麗しく』をテーマに「和の美意識を体現する少女たち」のライブを関西の専用劇場から発信していく成長型ライブ・エンターテインメント。日舞、茶道、殺陣、ダンス、歌などのレッスンに励むという。

 少女歌劇団の演出を務めるのは広井王子。『少女』と名付けられているため、20歳で退団するという決まりがあり、1期生は約30人を想定しているという。大阪市内に専用劇場をオープン予定で、宝塚歌劇団のように男役を設けること、「雪組」「月組」「花組」と3組を創設するプランも明かされた。

 またさらに「1チームはCGです。僕がいる以上は必須かなと。生の女の子とCGの女の子が一緒にショーをやる。それだけはやろうと思っています」と予告。CGによるバーチャルの団員については、声優などの募集が行われる可能性もありそうだ。応募要項はオーディション情報サイト「デビュー」に11月1日より掲載予定。

最終更新:10/14(日) 15:57
デビュー

あなたにおすすめの記事