ここから本文です

早大が明大を下す、早川4回無失点で2勝目/東京六大学

10/14(日) 13:38配信

サンケイスポーツ

 東京六大学野球秋季リーグ戦第6週第2日は13日、東京・神宮球場で行われ、第1試合は、早大が明大を2-1で下し、1勝1分けとした。

 明大が三回二死一塁で1番・逢沢峻介外野手(4年)の左中間三塁打で先制すると、その裏早大は無死一、三塁で9番・西垣雅矢投手(1年)の遊撃へのゴロの間に同点とした。早大は六回に暴投で勝ち越し、六回から登板し4回2安打無失点に抑えた左腕・早川隆久投手(2年)が昨年春の東大1回戦以来の2勝目を挙げた。

最終更新:10/14(日) 13:50
サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報