ここから本文です

【2歳新馬】京都5R サトノウィザードがワグネリアンの全弟を下す C・ルメール「仕掛けたときの反応はすごく良かった」 

10/14(日) 15:30配信

サンケイスポーツ

  10月14日の京都5R・2歳新馬(芝2000メートル)は、8頭立ての7番手につけていたクリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気サトノウィザード(牡、栗東・松田国英厩舎)が直線で外から脚を伸ばし、逃げ粘っていた今年のダービー馬ワグネリアンの全弟カントル(1番人気)をかわすと1馬身差をつけてゴールした。タイムは2分3秒6(良)。さらに5馬身遅れた3着にビーマイステディ(4番人気)が入った。

 サトノウィザードは、父ロードカナロア、母ブロードストリート、母の父アグネスタキオンという血統。母は2009年ローズS・GIIの勝ち馬で、続く秋華賞・GIで2着。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「道中で物見して忙しい感じになったけど、仕掛けたときの反応はすごく良かった。いい脚を使ってくれた」

最終更新:10/14(日) 15:30
サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ