ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) シェフを信じて食べるだけ! 韓国で今、おまかせコースが人気

10/14(日) 14:00配信

朝鮮日報日本語版

 「二日前にいらっしゃったお客さまがまた来てくださいました。一度お出ししたものをまた召し上がるのでは飽きるでしょうから、16品のコースを新しいメニューにして提供しました。とても満足してくださいました」。ソウル市江南区三成洞にある焼き肉店「モトゥンギウ・ライプ(ripe)」のキム・ホユン・シェフ(34)はこう話した。同店は3カ月前から最高級韓牛(韓国伝統の肉牛)を使ったコース「韓牛おまかせ」サービスを始めた。メニューを選ぶ必要はない。シェフがその日のメニューを決めて提供してくれる。

◆映画祭開催の釜山、地元民オススメの食堂はココ!

 キム・シェフは「食事をするときコストパフォーマンスを考える時代なだけに、なかなか食べられないものを求める人も増えている。そのハイエンドの要求を読み取って料理をつくっている」と語った。

 最近、美食家たちの間では「何を食べようか」と同じくらい「誰がつくったものを食べようか」を悩むのが話題になっている。シェフやバリスタ、バーテンダーが自由に決めたメニューを出す、「おまかせ」サービスを提供する店が増えている。日本語で「信じて任せる」という意味のこの言葉は、これまで日本料理店で主に使われていた。日本料理店のシェフが料理の内容を考え、客に提供していたのを指し示す。

 しかし最近では、その意味がさらに広がっている。日本料理だけでなく、焼き肉店やタイ料理店、天ぷら店などでも「おまかせ」サービスが人気だ。最近ではコーヒーやデザート、カクテルなどドリンクコースにも「おまかせ」という言葉が使われている。

◆信じて任せる美食キュレーション

 ソウル市瑞草区瑞草洞にあるタイ料理店「クンソムチャイ」にはメニュー表や料理の写真がない。タイ料理を16年にわたりつくって来たキム・ナムソン・シェフ(39)は「いくら多彩なメニューを考えても、多くの人が写真を見ながら結局トムヤムクン、パッタイなどを選ぶのです。普段食べているもの以外にもおいしい料理が本当に多いのに、これを伝える方法はないかと考え、写真を外すことにしました」と語った。その代わり、料理を7品または9品提供する「タイ料理おまかせ」サービスを始めた。100%予約制で始めたところ、思ったより反応がよかった。「前日酒を飲み過ぎた」という人にはスープ料理を、「肉が好き」な人にはスープご飯や煮込んだ肉などを中心に料理を提供するというやり方だ。

1/2ページ

最終更新:10/14(日) 14:02
朝鮮日報日本語版