ここから本文です

「藤九郎ぎんなん」収穫はじまる 岐阜県羽島市

10/14(日) 11:41配信

CBCテレビ

CBCテレビ

 秋の味覚、岐阜県羽島市の名産「藤九郎(とうくろう)ぎんなん」の収穫が始まりました。

 羽島市や瑞穂市などの名産、「藤九郎ぎんなん」。大粒で殻が薄く、ほろ苦いのが特徴です。

 羽島市正木町の道家英徳さんの畑では50本ほどのイチョウの木がオレンジ色の大きな実をつけ、果肉を取り除き、水洗いして乾燥させる作業に追われています。

 ことしは春の受粉の時期に天候に恵まれ、猛暑で実の生育は良好だということですが、先月相次いだ台風で枝が折れ、実が早々に落ちてしまい、ことしの収穫量は4割ほど少なくなりそうだということです。

 収穫は12月中旬まで続きます。

最終更新:10/15(月) 10:41
CBCテレビ