ここから本文です

琵琶湖に冬の使者 コハクチョウが今シーズン初飛来

10/14(日) 12:39配信

ABCテレビ

ABCテレビ

琵琶湖の冬の使者・コハクチョウ1羽が14日朝、滋賀県長浜市の琵琶湖岸に今シーズン初めて飛来しました。

午前7時50分、長浜市湖北町の湖岸で、野鳥センターの職員が琵琶湖の水面に浮かんでいるコハクチョウ1羽を確認しました。去年の初飛来は10月8日で異例の早さでしたが、今年は例年並みだということです。たまたま訪れた観光客は「良かった。きょうだったんですか。きれい、何ともいえない」と話していました。コハクチョウの飛来は来年2月がピークで、琵琶湖全体で500羽あまりになる見通しです。

ABCテレビ

最終更新:10/14(日) 12:39
ABCテレビ