ここから本文です

新型メルセデスBクラスが世界初披露 3代目のスタイルはよりスポーティに

10/14(日) 9:01配信

carview!

独メルセデス・ベンツは10月2日、フランスはパリで開幕したパリモーターショーにおいて、新型「メルセデス・ベンツBクラス」を公開した。

>>新型Bクラスの写真&動画<<

3代目にあたる新型Bクラスは、よりスポーティになったルックスとアジリティを追求したハンドリング、そして快適性の高さをセリングポイントとする。ダイナミックなスタイリングと共に燃費にも影響する空力性能は、Cd値0.24と現行モデル(0.25)よりさらに向上した。

また、最大で1,540リッターのラゲッジスペースを持ち、定評のあるユーティリティの高さも健在。ベースとなったのは「Aクラス」だが、着座位置が90mm高いため、よりリラックスしてドライビングできることも魅力となる。

インテリアはフードレスの大型液晶パネルを2枚組み合わせたインパネやタービンスタイルのエアベントなど、最新メルセデスのインターフェイスが用いられている。ナビと連動し500m先の路面状況を予測してスピードをコントロールする「アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック」などフラッグシップセダン「Sクラス」譲りの運転支援装置や、マッサージ機能付きシートなどクラスを超えた装備も新型の特徴となっている。

ローンチに際して用意されるパワーユニットは排気量と出力の異なる5種類で、「B180」(最高出力136馬力、最大トルク200Nm)と「B200」(同163馬力、250Nm)には1.3リッターガソリンエンジンが、「B180d」(同116馬力、260Nm)には1.5リッターディーゼルエンジンが、「B200d」(同150馬力、320Nm)と「B220d」(同190馬力、400Nm)には2リッターディーゼルが搭載される。

このうち、2リッターディーゼルは2020年から適用される「Euro 6d」基準をパスする環境性能を誇り、コンパクトクラスへの搭載は初めてとなる。トランスミッションはすべてデュアルクラッチ(DCT)となり、2リッターディーゼルには新開発の8速DCTが、その他には7速DCTが組み合わされる。

スタイルとユーティリティを見事両立した新型Bクラス、現地では12月から受注が開始され、デリバリーは来年2月に開始される予定。日本でも人気の高いモデルだけに、なるべく早めの導入を期待したいところだ。

最終更新:10/14(日) 9:01
carview!