ここから本文です

家の近くの駐車場を借りているAさん。買い物から帰ってきたら見知らぬ車が停まっていて… 絶対やってはいけないことは?

10/14(日) 9:20配信

ファイナンシャルフィールド

自宅に戻ったときに、自分が借りている駐車場に見知らぬ車が停まっていたらどうしますか?普通なら、予想外の出来事に困ってしまいますよね。

こんなとき、どうすればいいのでしょうか。また、絶対にやってはいけないことはあるのでしょうか。

Aさんの事例を通してみていきたいと思います。

家の近くの駐車場を借りているAさん。買い物から帰ってきたら見知らぬ車が停まっていて…

Aさんは、東京郊外の賃貸マンションに住んでいます。

Aさんは車を一台持っていますが、Aさんの住むマンションは駐車場つきではないため、家の近くの駐車場を借りています。

ある土曜日、Aさんは友人たちと自宅で「鍋パーティー」をすることになりました。夕方、Aさんが車で食材の買い出しに行き、戻ってくると、なんとAさんの駐車場には見知らぬ車が停まっていました。

Aさんは駐車ができなくて困るとともに、「これから友人たちがくるのに、面倒なことになってしまった」と怒りが込み上げてきました。

*物語はフィクションです

自分の駐車場に他人の車が停められていた場合、どのように対処するのがよいのでしょうか。東京桜橋法律事務所の石垣美帆弁護士にお話をお伺いしました。

このような場合、まずは警察に連絡してみましょう。

ただし、車の不法占拠は人ではないので刑事の案件にはならず、民事になります。警察は民事不介入であるため、上記のケースでは、警察がその車をどかしてくれることはありません。

警察に連絡し、来てくれればナンバーから車の持ち主を探してくれる可能性があります。そして、車の持ち主に連絡し、どかすように打診しましょう。

また、やってはいけないことはレッカー車を呼ぶなどし、無理やりどかせることです。レッカーによって傷つけたり、何か問題を起こした場合は、逆に損害賠償を請求される可能性があります。

自分が車を停められなかった時間分のパーキング代が発生したなどの損害が発生した場合には、車のナンバー、所有者を控え、その車の持ち主に直接請求するのがよいと思われます。

ただし、先述の通り上記のケースは民事の案件になるので、そのパーキング代などの損害賠償請求に警察は関与しません。そのため、自らその車の持ち主と直接交渉することが必要になります。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事