ここから本文です

災害に負けるな、ローカル線

10/14(日) 7:03配信

読売新聞(ヨミウリオンライン)

 相次ぐ自然災害で、各地の鉄道網が大きな打撃を受けている。特にローカル線では、被害の大きかった区間が不通になるなど、影響は甚大だ。不通の期間が長引き、そのまま路線が廃止された例もあり、「廃線」という事態も現実味を帯びてくる。だが、そうなる前に考えなければならないこともあるのではないか。何といっても鉄道は、そこに住む人、訪れる人、みんなの「足」なのだから。JR全路線を完全乗車したローカルジャーナリストの田中輝美さんに寄稿してもらった。

戻ったにぎわい

 「本当によかった」。今年8月8日、島根県雲南市のJR木次(きすき)駅で、出雲大東駅の業務を委託された指定管理者「つむぎ」の南波由美子代表(42)は、ほっとした表情を見せた。

 この日、7月の西日本豪雨の被害を受け、一部不通となっていたJR木次線が全線で運行を再開したのだ。木次駅には「ようこそ木次線へ」「がんばってます木次線」といった横断幕が並び、沿線住民らがダンスを披露。運行20周年を迎えた人気のトロッコ列車「奥出雲おろち号」の出発をにぎやかに見送った。

 南波さんが安堵(あんど)の表情を浮かべたのには理由がある。同じ島根県内では、3月末にJR三江(さんこう)線が廃止になったばかりだからだ。

 松江市の宍道(しんじ)駅と広島県庄原市の備後落合駅を結ぶJR西日本木次線(路線距離:81.9キロ)は2017年度、輸送密度(1日1キロ・メートルあたりの平均輸送量)が204人で、三江線を除けばJR西日本管内で下から2番目の少なさとなっており、木次線をめぐる状況の厳しさを指摘する記事がインターネットに載ったこともある。
 さらに、豪雨直後は再開まで1年以上かかるという見通しが示されたこともあって、沿線では「復旧せずこのまま廃止になるのか」と不安感や危機感が募っていた。

自然災害の爪痕

 実際、自然災害はローカル線廃止の要因になってきた。2005年9月、宮崎県の高千穂鉄道は台風で鉄橋が流されて運休し、その後、廃止が決まった。隣の鹿児島県の鹿児島交通枕崎線も集中豪雨での被害が、岩手県のJR岩泉線も土砂崩れによる脱線事故が引き金となり、それぞれ廃止になっている。

 とはいえ、被災した鉄道がすべて廃止になるわけではない。大ヒットしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で有名になった岩手県の三陸鉄道は、東日本大震災の被災から3年がかりで復旧し、「奇跡の復活」と言われた。

1/3ページ