ここから本文です

福井商業高校JETS、音楽の殿堂カーネギー・ホールで公演 ふるさと納税で応援を

10/14(日) 11:45配信

福井新聞ONLINE

 チアダンスの本場米国で輝かしい成績を残し、映画・ドラマ化された福井商業高チアリーダー部「JETS」が12月26日、米ニューヨークの音楽の殿堂、カーネギー・ホールで公演する。新たな舞台に挑むJETSを支援しようと、福井県はふるさと納税による寄付を募っている。同15日まで。

 県は2015年から、ふるさと納税の一環として応援したい高校を選び実施する「ふるさと母校応援」寄付を推進している。このほど、高校が前もって使用目的を示し寄付を呼びかける「プロジェクト型ふるさと母校応援」の制度を設け、同校が適用第1号となった。寄付の半分が指定の高校に充てられる。

 JETSは、13年からの5連覇を含め全米チアダンス選手権のインターナショナル・チームパフォーマンス部門などを通算7回制した。18年は、同選手権の日本高校チームの推薦枠がなくなったため、米ラスベガスで開かれた別の大会に出場し優勝した。昨年には、JETSの全米初制覇までの軌跡をモデルにした映画「チア☆ダン」が公開。今年は土屋太鳳(たお)さん主演のテレビドラマが放映され話題となった。9月29日の福井しあわせ元気国体開会式の式典演技にも出演した。

 米国行きの夢を抱いて入部する生徒が多いことから、同部の五十嵐裕子顧問がカーネギー・ホールでの公演を発案。日米親善特別パフォーマンスとして、他の2団体と公演する。

 現在、生徒は12月の全日本チアダンス選手権大会の優勝を目指し、演技に磨きを掛けている。五十嵐顧問は、米国公演は全日本選手権の後にあり、完成度の高い演技が期待できるとした上で「ショーとして楽しめる、JETSらしいパフォーマンスを披露したい」と意気込んだ。

 寄付は「ふるさと福井応援サイト」から。全ての寄付者には、JETSからのお礼状が送られ、米国公演後には報告書が送付される。県外の寄付者には寄付金額に応じて、ステッカーやタオルなどの公式グッズも送られる。

Yahoo!ニュースからのお知らせ