ここから本文です

「#神待ち」「#家出少女」たちにご飯や安全な場所をーJKビジネスに巻き込まれる前に

10/14(日) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「#家出少女」「#神待ち」という言葉を知っているだろうか。

少女たちがTwitterで泊まる場所を探すときに利用するハッシュタグだ。これらが含まれた投稿やリツイートは先の10月の3連休(2018年10月6日~8日)だけで5000件を超える。

【全画像】「#神待ち」「#家出少女」たちにご飯や安全な場所をーJKビジネスに巻き込まれる前に

居場所がなく夜の街やネットの海をさまよう少女たち。相談窓口で待っているだけでなく彼女たちに「出会う」ための試みが、今秋、東京都の新宿区と渋谷区を拠点に始まった。

相談だけでなく洋服やコンドームも配布

事業を展開するのは貧困や虐待などの困難を抱えていたり、いわゆるJKビジネスや性売買の被害にあっていたりする中高生世代の女子を支援している一般社団法人Colaboだ。

2011年に団体を設立し、シェルターでの保護や病院などへの同行支援を重ねてきた。今回、厚生労働省と東京都による「若年被害女性等支援モデル事業」の一環として、性売買斡旋業者のスカウトなどが毎晩100人ほど立つという新宿区と渋谷区と連携。夕方5時頃から夜11時頃まで繁華街の近くにバスを置き、10代向けの無料のカフェ「Tsubomi Cafe」をオープンする。

バスの前に並べたテーブルと椅子で自由に食事などをとりながら相談ができる仕組みで、キャンピングカー仕様のマイクロバスには歯ブラシや生理用ナプキン、コンドーム、洋服などもそろえ、無料で配布する。

本人の意思を尊重しながら状況に応じて緊急時の一時保護も行い、弁護士や児童相談所などとも連携。一時的な支援や問題解決だけを目的とせず、その時々の悩みや気持ちの揺れに寄り添える関係性を築くことが目標だ。同団体代表の仁藤夢乃さんは言う。

「助けて欲しくて駆け込んでくるのはもちろん、『ご飯や生活に必要な物がもらえてラッキー』くらいの感じでも来てもらえたらいいなと。ここで私たちの活動やその雰囲気を知ってもらって、困ったときに思い浮かぶ顔の一つになれたら嬉しいです。これまでシェルターでやって来たことをバスに詰め込んで街に運ぶイメージですね」

1/3ページ

最終更新:10/14(日) 14:26
BUSINESS INSIDER JAPAN