ここから本文です

未来のミッキーの足はこれかも。ディズニーが歩くロボットを研究中

10/14(日) 8:17配信

ギズモード・ジャパン

人間のように、つま先をちょっと開いて立ちます。

これまでも、まるでスーパーヒーローのようなスタント・ロボを開発したり、映画『アバター』のテーマランドで精巧なオーディオ・アニマトロニクスを作ったりと、メカニカルなロボティクス開発に余念がないディズニー・リサーチ。

【記事の全画像】未来のミッキーの足はこれかも。ディズニーが歩くロボットを研究中

今度は6DoF(前後左右上下+ピッチング・ヨーイング・ローリング回転ができる6軸自由度)を持ち、直列と並列のハイブリッド機構を持った、2足歩行する脚ロボットを研究していることを発表しました。

人間っぽさのある構造

Disney Researchいわく、素材はカーボンファイバー製チューブで、関節にはベアリングが使われているとのこと。これで剛性を高めると同時に、スムーズな動きを生み出すことに成功しています。

最大の特徴は、人間の骨盤を参考に、片足を真正面から10度外に開き、両足合わせて20度開いている構造です。従来の2足歩行ロボットは、どれも足が真正面を向いていたので非常に革命的なことかと思われます。

さらには動画でご覧のように、あたかも女の子座りをするかのように脚全体を左右に振ることも可能。くるぶしから下の角度を変えて、内股やガニ股っぽい感じもできるので、とにかく各関節の可動領域が広いことがわかります。

近い将来アトラクションで会えるかも

こんなに自由度が高くても、実際に歩くときは忍び足のような? モデル歩きのような? なーんだかギコチない感じなのがカワイらしいですよね。

見ての通り、この「バイペダル・ロボット」はまだまだ研究段階。ですがいつかは、これを基に運動能力が超高いロボットが作られ、ディズニーランド内のアトラクションなどで活躍するのでしょうね。もちろんディズニー映画にだって、登場する可能性は大いにあります。

Source: YouTube via Disney Research

岡本玄介

Image: Disney Research

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ