ここから本文です

『10秒でふりかえる10年前』【浴室用バスタブ型の玩具が幼児の体に刺さる重傷事故(2008年10月14日)】

10/14(日) 9:57配信

ホウドウキョク

浴室用のバスタブ型の玩具で、シャワー部分が幼児の体に刺さる重傷事故が起きたとして、およそ30万個を回収すると発表した。

・必見「『10秒でふりかえる10年前』【浴室用バスタブ型の玩具が幼児の体に刺さる重傷事故(2008年10月14日)】」の動画

対象となるのは、バスタブ型のおもちゃ、およそ30万個で、9月、浴室で幼児が滑って転倒した際、シャワーホルダー部分の先端が体に刺さり、重傷を負う事故があった。

製品の使用中止を呼びかけるとともに、無償で回収し、シャワーホルダー部分を軟らかい材質に交換するとしている。

最終更新:10/14(日) 9:57
ホウドウキョク