ここから本文です

浅田美代子「希林さんに下手くそと言われてた」

10/14(日) 13:00配信

Lmaga.jp

『京都国際映画祭2018』のオープニングセレモニーで10月11日、先月亡くなった樹木希林さんの遺作となる映画『エリカ38』の制作発表がおこなわれ、主演の浅田美代子とプロデューサーの奥山和由が登場した。

【写真】制作発表では気丈に振る舞った浅田美代子

映画『RAMPO』など、樹木さんとは長い付き合いの奥山。冒頭、「企画であり、出演もしていただいた樹木希林さんが旅立たれましたので、インタビューを受けるという形で、制作発表に代えたい」と挨拶した。

映画制作の経緯は、「ほかの作品で出演依頼のために久しぶりにお会いした際、何か一緒に企画できないか、と意外なお話をいただいた。お互い持ち帰ったものの1週間もしないうちに会いたいと・・・。最初にお会いしたときから希林さんの頭には、企画ができあがっていたのかなと思います」と明かす。

「『制作発表は必ずお願いしますね』と試写会のときにお伝えしたんですが、体調は決してよくないのに『必ず行かなきゃね』と言っていただいて・・・。本当に、京都で制作発表をすることを、楽しみにされていました。企画の隅々にまで、希林さんの想いっていうのが行き渡っている映画だと思います」とも。

樹木さんと親交が深かった浅田は、「入院しているときも、『美代ちゃん、映画祭に一緒に行こうね。京都だけに限らず、いろんなところに行こうね』って言ってくれたとき、本当に涙が出ました。たぶん今も見てくれているんじゃないかなと思います」と話した。

また、試写がおこなわれた際に樹木さんからダメ出しがあったと明かした浅田。「私はお芝居の癖があるらしいんですけど、それが抜けてないと・・・。それと、しょっちゅう、『下手くそ』とか言われていましたから(笑)」と目を細め、樹木さんを想った。

最終更新:10/14(日) 13:00
Lmaga.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ