ここから本文です

賀来賢人「がむしゃらにやっている途中」 主演ドラマは不安から自信に

10/14(日) 6:30配信

クランクイン!

 累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒット少年コミックを、『銀魂』『スーパーサラリーマン左江内氏』の福田雄一が連続ドラマ化することで早くから注目を集める『今日から俺は!!』。“ゆとり”に“さとり”から、“つくし”世代まで登場しているこの時代に、1980年代の“ツッパリ”ヤンキーヒーローという規格外の主人公・三橋を演じる賀来賢人が、「あの人が出るなら面白そうだから見たいと思わせる、パワーのある役者になりたい」と語った。

【写真】賀来賢人インタビューフォト集


 舞台では活動初期からコメディに出演していた賀来だが、最近までは正統派のイケメン俳優としての印象が強かった。しかし昨年の『スーパーサラリーマン左江内氏』『斉木楠雄のΨ難』という福田作品への連続出演が、賀来のイメージを変えた。

 「舞台という生ものとして通用するものと、映像で見せられるテクニックって、なんとなく違うと思っていたんです。それをつなげてくれたのが福田さん。今回の『今日から俺は!!』はミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』の稽古場で、福田さんから直接声をかけていただきました。もちろん、『やります、やります!』と。ほかの人がやることになっていたら、悔しくて“イ~っ”となっていたでしょうね(笑)」。

 原作コミックにも思い入れがあった。

 「友達のお兄ちゃんが持っていて、小学生のときに借りてドハマりしたんです。三橋はちゃらんぽらんだったりわがままだったりもするけれど、最終的には仲間思いだし、自分なりの正義がある。そのギャップがいいし、とにかくかっこいい。いそうでいなかった主人公だと思います。しかも真逆の伊藤(伊藤健太郎)という存在がいて、すごく魅力的な作品です」。

 人気コミックが基というプレッシャーはなかった。

 「僕自身、原作を死ぬほど読んできましたから。もちろんいろんな原作ファンの方がいらっしゃると思いますけど、僕も誰よりも原作ファンだという気持ちです。僕の中にちゃんと三橋がいるので、安心して映像作品としても臨めました」。しかし不安な部分がなかったわけではない。連ドラの主演を張るという責任だ。

 「真ん中に立つという経験が、今まであまりなかったですし。『スーパーサラリーマン左江内氏』のときとは立ち位置が違う。今回は、少年コミックが基のヒーローですからね。三橋と伊藤が完全に核となって引っ張らなければいけない。その存在感が自分にあるだろうかというのは思いました」。


 放送開始を前に、撮影はすべて終了。不安は自信へと変わっている。

 「福田さんやスタッフさん、キャストのみんなが助けてくれたので、すごく手ごたえを感じています。健太郎とも信じられないくらいしっくりいきましたし。だから今は、この作品を世間のみなさんがどう受け取ってくれるのか、とても楽しみです」。福田監督との仕事で、役者としての幅が広がった賀来。『今日から俺は!!』はその力を見せる作品として申し分ない。

 「三橋には笑えるだけじゃなくて、かっこいいシーンもたくさんあります。いろんな面を見てもらえると思います。自分のこれからを見据えたとき、出ているだけで、あの人が出るなら面白そうだから見たいと思わせる役者になりたいと思っています。魅力的な役者さんが多いけれど、僕の持っている役者としてのパワーを見てもらうというのもアリなのかなって。でも今の僕はまだ役者として確立していない。がむしゃらにやっている途中です」。

 最後に思いを告白した。「とりあえず早くスタートラインに立ちたい。『今日から俺は!!』で、そのスタートラインに立てたらうれしいです」。(取材・文・写真:望月ふみ)

 ドラマ『今日から俺は!!』は日本テレビ系にて10月14日より毎週日曜22時30分放送。

最終更新:10/14(日) 6:30
クランクイン!

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ