ここから本文です

爆弾を積んだトラックが80km/hで突入されても守る超頑丈バリケード 今日は何の日: #10月14日 を振り返る

10/14(日) 5:00配信

Autoblog 日本版

10月14日、日曜日。本日は「鉄道の日」です。1872年(明治5年)の今日、新橋駅と横浜駅間に日本で最初の鉄道が開業したことを受けて、1994年に運輸省(現・国土交通省)が制定しました。

当時の新橋駅は、現在の汐留あたり(旧汐留貨物ターミナル)で、横浜駅は現在の桜木町駅になります。ちなみに、新橋駅前のSL広場に設置されている蒸気機関車「C11 292」は、1972年に鉄道開業100周年を記念して設置されましたが、開業当時走っていたものでも、東京近郊を走っていたものでもなく、姫路機関区から運ばれたものだそうです。

それでは、休日も過去を振り返っていきましょう。
2017年
・フォルクスワーゲン、43年の歴史を持つ「シロッコ」の生産を終了
・白夜の国ノルウェーの絶景ロードを旅する「フォードGT」
・ケン・ブロックが往年のグループAラリーカー、フォード「エスコート RS コスワース」でドーナツ・ターンを披露




2016年
・メルセデス・ベンツ、「S 550 e」の2018年モデルからワイヤレス充電システムを採用
・BMWモトラッドが考える未来のオートバイ「VISION NEXT 100」
・そこに「駆け抜ける歓び」はあるのか? 両極端のキャラクターを持つ、2台の7シリーズが登場




2015年
・マクラーレン、カンナム50周年を記念する限定モデル「650S Can-Am」を発表
・リンスピードがCESに出展する新コンセプトカーは、ドローン用ヘリポートを備える自動運転スポーツカー
・英国の調査会社が、ホンダ、マツダ、三菱、メルセデスのディーゼル車の排出ガスを測定




2014年
・爆弾を積み80km/hで突入してくるトラックを止めるバリケードの強度をテスト
・なんと行動を先回り操作してくれるインターフェースを三菱電機が出展
・創立60周年のTRDが手がけた至高のトヨタ「86」"14R-60"が限定100台で抽選販売開始




本日気になった見出しは、2014年の『爆弾を積み80km/hで突入してくるトラックを止めるバリケードの強度をテスト』でしょうか。近年は、クルマやトラックを使って突入していくというテロ行為が増えており、爆弾を積んだ自爆テロもあとを絶ちません。そういったテロ行為に対し、いかにして重要な施設を守れるのかテキサスA&M大学の交通研究所がさまざまな実験をしているそうです。

実験映像が公開されたものは、爆弾を積んだトラックが約80km/hでバリケードに突入しても守り切るというもの。極太の金属パイプの中に大量のコンクリートを詰め込んだだけのシンプルな構造ですが、トラックの動きを止めるだけでなく、爆発を阻止する方法として考えられたものだそうです。映像を見ると完全にトラックの動きを止めつつ爆発も防いでいますが、地中のコンクリートにバリケードを完全固定したものなので、クルマが通行するようなところには、このままでは設置は難しそうです。もとより、こんなバリケードなんて必要ない平和な世界が訪れてほしいものです。

さて、本日はWEC第4戦 富士6時間耐久レースの決勝です。昨日の予選で、タイム的にはトヨタ「TS050 HYBRID」 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)が8号車(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ)をわずかに上回ったのですが、7号車がピットロードのスピード超過違反が発覚したため、LMP1クラス最後尾の8番グリッドからスタートとなりました。このため7号車がポールポジションとなり、決勝レースに臨みます。決勝は11時のスタートです。それでは、よい1日を!

いーじま(Norihisa Iijima)

最終更新:10/14(日) 5:40
Autoblog 日本版