ここから本文です

江本氏、初回の巨人・田中俊のプレーに「まずい走塁」

10/14(日) 8:00配信

ベースボールキング

セCSファーストステージ第1戦
● ヤクルト 1 - 4 巨人 ○
<10月13日 神宮>

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、初回の巨人・田中俊太の走塁に苦言を呈した。

 初回一死走者なしから田中は四球を選ぶと、続くマギーの初球に二盗を成功。マギーはヤクルト先発・小川泰弘が投じたカットボールをライトの頭を越す二塁打を放つも、二塁走者の田中俊は生還することができず。田中は岡本和真の犠飛で先制のホームを踏んだ。

 江本氏はマギーの打球で生還できなかった田中俊の走塁に「今の二塁ランナーは盗塁でせっかく褒めたのに、まずい走塁ですよね。結構マヌケなプレー。楽勝の1点だったですよね」と話し、「一死二塁で岡本を迎えていれば、岡本にヒットがでていたかもしれない。流れが切れたんですよ。それでも、それを払拭する展開になりましたけど、1回の攻撃はもったいない」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

あなたにおすすめの記事