ここから本文です

災害発生100日ぶり JR呉線 広~安芸川尻再開

10/14(日) 11:44配信

RCC中国放送

中国放送

西日本豪雨の影響で運転を見合わせていた区間のうち、JR呉線の一部区間で、14日、およそ3か月ぶりに運転が再開されました。
災害発生から100日ぶりに運転を再開したのは、JR呉線の広~安芸川尻間の7・4キロです。
JR西日本によりますと、この区間では、線路に倒木や土砂が流れ込むなど28箇所で被害があったということです。
安芸川尻駅では、部活に向かう高校生などの姿が見られ、普段の朝の風景が戻りました。
部活に向かう高校生
「久しぶりに川尻駅から電車に乗れるので、うれしいなと思います」
映画を見に行く乗客
「せっかく時間がよめるようになったので映画を予約して見に行こうと思ってます」
JR西日本高田敏明三原管理駅長
「安芸川尻から三原駅間は、運転を見合わせていますが一日も早い復旧に向けて取り組んでいきたいと思う次第です」
JR呉線では、安芸川尻~安浦間の再開は11月、全線再開は、来年1月を見込んでいます。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:10/14(日) 18:06
RCC中国放送