ここから本文です

打者は吉田正、投手は僅差で西武菊池 セイバー目線で選ぶ9、10月のパ月間MVP

10/14(日) 10:31配信

Full-Count

打者、投手とも僅差の数値でオリ吉田正、西武菊池

 10年ぶりに西武がリーグ優勝、ソフトバンクと日本ハムのクライマックスシリーズ進出で幕を閉じたパ・リーグのペナントレース。9月以降のチーム成績は以下の通りです。

【一覧】2018年ペナントレース全日程終了! セ・パ両リーグのタイトル獲得選手一覧

西武 20勝8敗
OPS.783 本塁打40 防御率3.94

ソフトバンク 21勝10敗
OPS.848 本塁打39 防御率3.56

日本ハム 13勝14敗
OPS.741 本塁打24 防御率3.94

オリックス 12勝13敗
OPS.616 本塁打11 防御率3.93

楽天 10勝16敗
OPS.619 本塁打18 防御率4.15

ロッテ 7勝22敗
OPS.610 本塁打8 防御率4.85

 9月に入った時点で西武とソフトバンクのゲーム差は6でした。上旬に西武が一進一退を繰り返す中、ソフトバンクがじわりじわりと詰め寄り3差まで詰め寄りますが、15日からの直接対決で西武がソフトバンクに3連勝。マジックも点灯させます。西武がラストスパートに入り連勝を重ね、勝負ありかと思わせましたが、ソフトバンクも3連敗のあと連勝で追随。近年稀に見るハイレベルなペナントレース終盤戦を繰り広げます。

 そして西武10連勝、ソフトバンク7連勝で迎えた27日からの直接対決3連戦で、西武が2連勝としついにマジック1。昨年に並ぶ13連勝をかけた3戦目ではソフトバンクが意地をみせ、地元メットライブドームでの優勝決定とはなりませんでしたが、9月30日の日本ハム戦の最中、ソフトバンクの敗戦により10年ぶりの優勝を西武が手中にしました。

 それでは、セイバーメトリクスの指標による9月10月のパ・リーグ月間MVPを選出していきましょう。

オリックス・吉田正は月間5本塁打ながら西武・山川を上回る数値

〇9月10月月間MVP パ・リーグ打者部門
吉田正尚(オリックス)

打率.404 出塁率.486 長打率.730 OPS 1.216 wOBA .512 RC27 13.35(すべてリーグ1位)

 候補選手は7名ですが、NPB公式の最有力候補は山川穂高でしょう。

 打率.333で本塁打11、打点28はリーグトップ。OPSも1.170と7月に次いでの1超えを達成しています。この打棒でチームを牽引し、西武怒涛のラストスパートに大きく貢献しました。なお、山川のシーズンOPSは.985と1超えはなりませんでしたが、本塁打47で本塁打王が確定しています。

 他にも月間成績で出塁率.465、長打率.706、wOBAは.494、RC27は12.59と申し分ない成績を残した山川ですが、この数値をすべて上回ったのが、吉田正尚でした。

 吉田の月間本塁打は5ですが、二塁打が14と突出しています。長打の本数でいえば吉田が19で山川の16を上回っています。打席数が105と山川より22少なく、さらに四死球14で打数が89と絞られたため、長打率が.730と山川を超える数値を叩き出しました。

 チーム内で規定打席到達が3人しかいない中、シーズン打率.321(リーグ4位)、シーズンOPS.956(リーグ3位)と一人気を吐いた吉田正尚を9月10月の月間MVPに推挙します。

 なお、9月以降で他に気になる数値を残したのは上林誠知です。38安打でうち二塁打12、三塁打4、本塁打5と長打の本数21はリーグトップです。特にシーズンの三塁打本数は14となりNPB4位タイの記録となりました。しかもこれまでの4位以上の記録は1950年近辺に生まれたもの。

 平成以降では松井稼頭央(1997)、松村有人(2003)、鉄平(2009)、西川遥輝(2014)の13本を抜いて最多となります。

1/2ページ

最終更新:10/14(日) 10:31
Full-Count

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい