ここから本文です

豊見城市長選きょう審判 知事選後初の首長選 子育て、行財政改革争点に

10/14(日) 7:00配信

沖縄タイムス

 任期満了に伴う沖縄県の豊見城市長選が14日、投開票される。無所属新人で前市議の山川仁氏(44)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦、無所属新人で前市議の宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦、無所属で3選を目指す現職の宜保晴毅氏(50)の三つどもえ戦で、子育て支援や行財政改革などの手法が争点となる。開票は午後9時から行われ、早ければ午後10時すぎに大勢が判明する見通し。

 玉城デニー氏が初当選した県知事選後初の首長選挙として注目される。

 山川氏は「オール沖縄」勢力が推し、玉城知事が支援する。安孝氏は、前回まで晴毅氏を推した自民党や市議らが支援する。晴毅氏は今回、政党の推薦を受けず市民党の立場を取る。

 3氏は13日、市内でそれぞれ打ち上げ式を開いた。 山川氏は「玉城知事と連携し、新しい豊見城づくりに取り組む」と訴えた。

 安孝氏は「これから伸びる豊見城の将来へ、市民との絆を高める」と訴えた。

 晴毅氏は「豊見城を日本一楽しく、住みよい街にする」と訴えた。

 8~13日の期日前投票は有権者の約17%に当たる8391人で、過去の市長選で最多だった。当日有権者数は4万8141人(男性2万3377人、女性2万4764人)。

 山川 仁氏(やまかわ・ひとし)1974年9月24日生まれ。市高嶺出身。産能短期大中退。衆院議員秘書を経て2011年市議に初当選し2期目途中で辞職。

 宜保 安孝氏(ぎぼ・やすたか)1977年5月20日生まれ。市上田出身。沖縄尚学高卒業。自営業を経て2011年市議に初当選し2期目途中で辞職。

 宜保 晴毅氏(ぎぼ・はるき)1968年3月14日生まれ。市高安出身。沖縄大卒。会社代表を経て2007年市議に初当選。10年市長に初当選し現在2期目。

最終更新:10/14(日) 7:00
沖縄タイムス