ここから本文です

アジア大会V高橋侑子と北條巧が初優勝、佐藤は2位

10/14(日) 15:29配信

日刊スポーツ

<トライアスロン日本選手権>◇14日◇東京・お台場海浜公園周辺◇51・5キロ(スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)

【写真】シャンパンファイトで笑顔を見せる高橋

女子はアジア大会優勝の高橋侑子(27=富士通)が初優勝した。スイムを4番手で上がった高橋は、バイクで先頭集団をキープ。ランの3周目(全4周)にスパートし、後続を引き離して1時間59分50秒でゴールした。連覇を狙った佐藤優香(26=トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)は2時間0分12秒で2位。3位には岸本新菜(22=福井県スポーツ協会)が入った。

男子は22歳の北條巧(日体大)がランのスタートから飛びだして1時間46分37秒で初優勝。古谷純平(27=三井住友海上)は2位、細田雄一(33=博慈会)は3位だった。

最終更新:10/15(月) 19:55
日刊スポーツ

あわせて読みたい