ここから本文です

辛い料理、たばこ、化粧は禁止 中国・四川の「白酒学校」

10/14(日) 11:35配信

東方新報

【東方新報】教室の学生は手に杯を持ち、白酒をあおり、教室には白酒の詰まった段ボール箱が……。近ごろ、中国メディアが報じた四川理工学院(Sichuan University of Science & Engineering)白酒学院(Department of Liquor)の授業風景は、熱い論議を呼んでいる。

 多くのネットユーザーからは、「白酒学院の学生は授業中に酒が飲める」ので「うらやましい」「転校したい」などの反響があった。白酒学院は、「ザリガニ学院」「マオタイ学院」「ネーブルオレンジ学院」などに続き世に出てきた、「異種」の学校だ。

 ■男性はたばこ禁止、女性は化粧禁止

 外界の「授業で酒を飲む」うわさについて、白酒学院の醸造学専攻4回生の曾翔宇(仮名)さんは、「酒を飲むことはしない、利き酒をしている」と話す。「普通は、酒を口に含んだら吐き出し水で口をゆすぐ。利き酒ができなくなるので、胃の中まで酒を飲みこむことはしない。酒の品評やブレンドの実習では、目で色を見て、鼻で香りをかぎ、口で味をみて、全体的な酒の風格を体感し、品質を判断する」

 曾さんの話によると、学院は学生に対して酒量を要求はしないし、飲酒も強要しないが、嗅覚と味覚に影響を与えぬよう、普段の生活の中で刺激物を含む辛い料理は禁止、男子学生はたばこ、女子学生は化粧を禁止にしているという。

 醸造学専攻の修士課程3年生の劉さんは、7年間在学している。劉さんは「学士課程の時は教師の指導で新種の酒の開発をした。開発案を作ってから最終製品になるまでの過程は、自分の子どもの成長を見ているようだった」と言う。将来については「ほかの業界に行くことはあり得ない。酒造業界で、できれば酒文化の伝承の仕事につき、少しでも多くの人々に中国の白酒を味わってほしい」と語る。

 資料によると、白酒学院は四川理工学院、宜賓市(Yibin)、五粮液集団(Wuliangye Yibin)などの提携により設立され、8月に完工した。学生は白酒産業のほかの教育機関から転校してきたという。羅惠波院長は記者に対し、「宜賓市には白酒産業基盤の強みがある。四川理工学院は学科の強みを持っているので、教育と産業がうまく融合できた」と話した。

 貴州省(Guizhou)仁懐(Renhuai)の茅台(マオタイ)学院、四川理工学院宜賓校区(白酒学院)のほか、河南省でも河南牧業経済学院白酒学院を建設中で、「酒で河南を振興する」計画が進行中だ。

 上海政法学院社会管理学院の章友德院長は、「白酒学院のような産業・学校・研究の三位一体型の教育機関の出現は、企業が高等教育に参画することを国が奨励しているという重要な情報だ」と語った。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:10/15(月) 1:00
東方新報