ここから本文です

ハレプ、2年連続の年間最終 世界ランク1位が確定<女子テニス>

10/15(月) 19:47配信

tennis365.net

世界ランキング

女子テニス協会のWTAは15日に公式サイトで、S・ハレプ(ルーマニア)の2年連続となる年間最終世界ランク1位が決まったと発表した。

【大坂に完敗 女王ハレプは落胆】

今シーズン、ハレプは四大大会初優勝の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む3勝をあげた。

WTAには「昨年シーズン、WTAランキング1位で終われたことは自分にとって非常に光栄なことだった。2018年も2度目となる同じ成績を達成できたのは、特別だと感じている。特に今年は初めてグランドスラムで優勝ができた。これまで1位を達成してきたレジェンドたちと名を連ねることは、とても誇りに思えること」とハレプのコメントが掲載されている。

ハレプは全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)から2大会連続の初戦敗退を喫すと、チャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミア・マンダトリー)は途中棄権。2日には自身のツイッターで椎間板ヘルニアと診断を受けたと発表している。

最終更新:10/15(月) 19:51
tennis365.net

あなたにおすすめの記事