ここから本文です

中国の「赤ちゃん口コミサイト」から学ぶマーケティング ネットの口コミは「仕掛けて」盛り上げる

10/15(月) 17:01配信

マネーの達人

インターネットが日本に導入されてもう20年以上が経過する。

マーケティングの手法もどんどん進化している。

その中で、口コミを利用したマーケティングを実施している企業、個人の方も多い。

実際の経験と他国の事例から、口コミマーケティングは時間経過で広がるのではなく、自らが設計してのみ広がると言える。

口コミと言えば中国、中国の事例と、理論から述べたい。

1. 中国の口コミマーケティング実情

中国でも日本同様マスメディアの重要性が相対的に低下し、インターネットを利用したマーケティングが盛んである。

特に最近まで一人っ子政策を推進していた中国では赤ちゃん用の製品は、口コミサイトを利用したマーケティングが盛んであるのでこの事例を紹介する。

具体的事例を紹介する前に、まずは中国の赤ちゃん用の口コミサイトの簡単な状況を記載した。

■サイト

中国の口コミサイト

「宝宝樹」、「〇〇邦」、「〇〇網」(〇は女偏に馬)、「育児網」等が代表例である。

■利用するための条件

PCと携帯両方のメディアが存在しているが、携帯の使用率が多いので、携帯サイトを使い紹介する。

まず女性が妊娠した場合に、赤ちゃんが生まれる予定日、そして携帯番号なども事前に登録する。

そうすると、無料でサイト内の情報を検索、収集できる。(中国の携帯番号は、IDカードと紐づけされているため、非常に番号の信用度は高い)

■サイト内で利用できる情報

サイトによっても若干の違いはあるが、

お母さんの食事、栄養、ダイエット、心理的ケア
赤ちゃんの食事
生まれた後の赤ちゃんのケア
育児専門家へのQ&A、等

つまり妊娠生活、及び赤ちゃんが生まれた後の情報ほとんどが検索できる。

また、情報提供だけではなく、商品を購入することができる。

これらのサイトを総合して、中国では「口コミサイト」と呼んでいる。

実施している企業の紹介:粉ミルクメーカー

■サンプリング

メーカーは、サイトを利用するお母さんに対し、商品を無料で提供している。

写真では、粉ミルク、口紅を掲載。

そのほかに、紙おむつ、衣服など多くの製品が競って、サンプル提供を行っている。

今回紹介するのは粉ミルクです。

粉ミルクの場合は、一度味わった味は、なかなか変更しないという習性を利用し、産前から情報提供し、生まれた後にすぐに利用してもらえるように商品サンプルを提供している。

1/3ページ

最終更新:10/15(月) 17:01
マネーの達人

あなたにおすすめの記事