ここから本文です

「年収1000万円超え世帯の住みたい街」上位に世田谷が入らない理由

10/16(火) 8:22配信

ITmedia ビジネスオンライン

 首都圏の中古マンション市場が活況だ。公益財団法人の東日本不動産流通機構の調査によると2017年の成約件数は37329件と3年連続で前年を上回った。新築物件の価格が上がっていることなどが背景にあるとみられる。

年収1000万円以上の世帯が中古マンションを買い住みたいと思う首都圏の駅ランキング(ハウスマート調べ)

 日本では昔から新築の物件に家族で住みたがる傾向が根強いが、最近では中古物件への抵抗感がやや薄れてきたとされる。「中古マンションでもいいので、都心部で憧れの街に住んでみたい」と思う人も少なくないのでは。

1位は「飯田橋」

 そこで実際に人気な「首都圏のちょっとハイランクな街」はどこか、中古マンションの購入アプリ「カウル」を運営するハウスマート(東京都渋谷区)に聞いてみた。カウルのユーザーのうち年収1000万円以上の世帯に属する人を対象に、中古マンションを買って住んでみたい街を調査したところ、ちょっと意外な事実が浮かび上がった。

 同社のアプリは東京23区と都内でも武蔵野市など区外の市町村の一部、横浜市と川崎市の物件約3万件を扱っている。年収1000万円以上の世帯のユーザー約2600人に、中古マンションの購入を希望する条件としてアプリ内で選択した駅を集計した。10月現在のデータを使用した。

 1位はJRと東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れる飯田橋駅。都内で高級住宅地として知られる中目黒や白金高輪を上回った。2、3位は目黒、市ケ谷駅と続く。渋谷、代々木上原、恵比寿駅といったテレビ番組でも頻繁に取り上げられる人気エリアも登場する一方で、都内でも古くからの閑静な高級住宅街のイメージで知られる世田谷区内の駅は10位以内にランクインしなかった。

 年収1000万円以上といえば一般的に高所得とされる層だが、ハウスマートによると今回の調査対象のユーザーは主に1000万~1300万円の世帯がメーンで共働きも含む。彼らはそもそも中古マンションの購入を視野に入れてアプリを使っていることから、一般的に「保有資産が1億円以上」と定義される、新築の購入も余裕な富裕層はほとんどいないとみられる。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事