ここから本文です

【テニス】世界ランキング11位浮上 錦織2年ぶりツアー・ファイナル出場ならこんなに“おいしい”

10/16(火) 16:45配信

東スポWeb

【スポーツ情報局】

 テニス担当記者:男子の世界ランキングが15日に発表され、錦織圭(28=日清食品)は11位に浮上しました。レースランキングも9位に上がり、8位まで出場できるATPツアー・ファイナル(11月、ロンドン)出場が見えてきました。

 デスク:3位のフアンマルティン・デルポトロ(30=アルゼンチン)が右膝蓋骨骨折を発表したな。残念なことだけど欠場で繰り上がりになれば、錦織が2年ぶりの出場になるかもな。

 記者:ツアーはあと2戦。錦織はエルステバンク・オープン(22日開幕)とマスターズ・パリ大会(29日開幕)に出場する予定ですが、さらにツアー・ファイナルに出られるのは朗報ですね。

 デスク:まあ、選ばれたトップ選手しか出られないわけだし、賞金総額も800万ドル(約8億8000万円)。待遇は超VIPだしな。

 記者:それよりも錦織にとって大きいのは世界ランキングのポイントです。1次リーグは1勝に付き200、優勝すれば計1500ポイントですからね。かなりポイントを稼げるんですよ。

 デスク:現在世界ランク10位ジョン・イスナー(33=米国)との差は380ポイントか。年内にトップ10に返り咲けるかもな。

 記者:それどころか現在8位で865ポイント差のケビン・アンダーソン(32=南アフリカ)を抜く可能もあります。トップ8になればシード枠で優位になりますからね。序盤で強豪と当たらないようになれば、さらなる成績アップは間違いないでしょう。

最終更新:10/16(火) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ