ここから本文です

【ゆうちょダイレクト】ゆうちょ銀行の口座をネットで操作 ゆうちょ同士の振替(送金)は月5回まで無料 お得で便利な機能です。

10/16(火) 12:02配信

マネーの達人

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行に口座を持ってる方は多いのではないでしょうか。

ゆうちょってATMまで行かないといけないし、ちょっと面倒…と思っていませんか。

ゆうちょ銀行も、ネットバンキングのようにインターネット上で使えますし、便利なアプリもあります。

少しの手間で時短になる方法をご紹介します。

ゆうちょダイレクト

パソコン、スマートフォン、ガラケーでもゆうちょ銀行が使えるサービスです。

ネット銀行のように、ネット上で振込み、残高確認などができます。

利用するには、申し込みが必要です。

ゆうちょダイレクトでできること

・残高確認

・入出金明細の照会

・ゆうちょ銀行あて送金(即時反映)

・他行あて振込み(午後3時以降は翌日扱い。10月9日からは時間拡大。)

・税金・各種料金の払い込み(ペイジー)

・国際送金

・投資信託の取引

利用時間も、夜中の0時~23時55分までですから、ほぼ1日中ですね。

家に帰ってパソコン見るついでに振り込みやお支払ができちゃいます。

さらに、住所や電話番号の変更もネットでできるので、お引っ越しの多い方にもぴったりです。

手数料は、ゆうちょ同士の振替(送金)なら、月5回まで無料。

とってもお得です。

アプリを活用してラクしよう

「残高確認だけなのに、ネットを開くのは面倒だな。」

と思ってる方には、アプリがおススメです。

ゆうちょダイレクト残高確認アプリをスマホにインストールしておけばさくさくっと確認できちゃいます。

ただ、アプリの名前の通り、確認できるのは残高と入出金明細のみです。

送金などはできないのが残念ですが、その場合は、ゆうちょダイレクトにアクセスしてください。

お申し込みはウェブからでも窓口でも

・ Webからお申し込み:すでに総合口座を持っていて、通帳などもお持ちの方

・ 窓口からお申し込み:どなたでも

総合口座をお持ちで、通帳やキャッシュカードを持ってる方はWeb上で申し込みできます。

総合口座じゃないという方や「ウェブじゃ不安」という方はゆうちょ銀行の窓口で申込書がもらえます。

必要事項を記入し印鑑を押し、窓口に提出、または後からポスト投函すると、パスワードが郵送されるので、入力して利用開始です。

ゆうちょダイレクトがあれば、ATMに並ばなくても、仕事先や家からでも利用できるので便利です。

お申し込みは無料です。

ゆうちょダイレクトを申し込んで、アプリを活用すればラクだし、時間も節約できます。(執筆者:桐谷 春音)

最終更新:10/16(火) 12:02
マネーの達人

あなたにおすすめの記事