ここから本文です

【JRA】フィエールマン手塚師「未知の魅力に期待して」/菊花賞共同会見

10/17(水) 17:54配信

netkeiba.com

 前走のラジオNIKKEI賞(GIII)2着から菊花賞(GI・京都芝3000m)に臨むフィエールマン(牡3・美浦・手塚貴久)を管理する手塚調教師の共同記者会見が行われた。

(今朝の追い切りについて)
「すごく良かったですね。最後の伸びも申し分なかったです」

(前走2着だったラジオNIKKEI賞の時もものすごい脚を使っていたが?)
「なかなかああいう脚は使えないかなと思うくらいの脚だったのですけどね。結果2着で勝っていないですし、そんなに大きなことは言えないです」

(今日の追い切りは良い状態で迎えられた?)
「夏場は使わなかったので、馬体も随分回復しましたし、レースに向けての状態としては申し分ないと思います」

(距離の3000mについては?)
「未知ですよね。血統的なものや、体型、走り方や性格などから3000mは持つかなとは思っています。ただ実際に1800mしか経験がないので、その辺は正直やってみないとわからないところはありますし、期待半分、不安半分といったところでしょうかね」

(鞍上のルメール騎手については?)
「リーディングジョッキーですし、何も文句はつけようがないです。今回はチャレンジャーなので、1番人気になるわけでもないですし、彼も気楽な立場で今回は乗れるでしょう。そういったところが逆に良い方向に向いてくれればいいかなと思うのと、チャレンジャーですからレースの流れに乗れるように。やはり3000mなので折り合いを欠いてしまうときつくなってしまうと思いますし、そこだけは気をつけてほしいと思います。それ以外はお任せで良いと思います」

(枠の希望は?)
「過去3レースともみんな出遅れていて、ゲート練習はしているのでだいぶ上手にはなりましたけど、そんなに速くはないですから、どの枠でも後ろの方からの競馬になると思います」

(最後の直線勝負に持っていけたら?)
「ポテンシャルの高い最後の脚を使える展開になってくれればという気持ちではいます」

(最後に意気込みを)
「三冠最後のレースですし、この子はまだ3戦しかしていなくて、まだまだ未知な部分が多いのですけど、チャレンジするだけの価値のある馬だと思っています。未知の魅力に期待して、是非応援してください。お願い致します」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:10/17(水) 17:54
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ