ここから本文です

【菊花賞】グロンディオーズ 2馬身先着に田村調教師「しびれちゃうね」

10/17(水) 21:15配信

東スポWeb

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)注目馬17日最終追い切り:美浦】グロンディオーズ(写真左)は南ウッド5ハロンから僚馬2頭を追いかける形でスタート。4コーナーで内に潜り込み、鞍上がゴーサインを送ると、一気にはじけて大外のエピックスター(3歳500万下)に2馬身先着(5ハロン64・6―36・4―12・5秒)した。頭の位置が高い走法ながらフットワークは力強く、目下の充実は顕著だ。

 動きを見届けた田村調教師「しびれちゃうね。状態は文句ないよ。(ここまで4戦3勝と底を見せていない一方でキャリア不足の懸念もあるが)大事に育ててきたかいがあって骨格に合った筋肉が付いてきた。気性が穏やかなので長い距離にも対応可能。それに操作性も高まってきている」

 トレセンに駆けつけたモレイラ騎手「香港は短い距離が主流だったが、個人的には長距離は大好き。非常に楽しみにしています」

最終更新:10/17(水) 21:15
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ