ここから本文です

iPhoneよりも持ちやすくて速くてスタミナも――Huaweiの考える「Mate 20 Pro」「Mate 20 X」の“ライバル”たち(前編)

10/18(木) 15:00配信

ITmedia Mobile

 既報の通り、Huaweiは10月16日(現地時間)、イギリス・ロンドンで新型スマートフォン「HUAWEI Mate 20」「HUAWEI Mate 20 X」「HUAWEI Mate 20 Pro」を発表した。

【iPhone XSよりも高速なアプリ起動】

 スマートフォンの発表会において、同社は必ずといって良いほど他社製品との比較を行う。これは海外では特段珍しいものではなく、むしろ他社製品との比較を避ける傾向にある日本の方が「特殊」ともいえる。

 今回のMate 20シリーズの発表会の現地では、そんな他社比較がある意味で一番盛り上がっていた。その模様を2回に分けてお伝えする。この記事では、サイズ感やスマホとしての安定感、充電面での“ライバル”について触れる。

サイズ感や持ちやすさ:iPhoneを強く意識して比較

 Mate 20シリーズの新機種は、全てノッチ(切り欠き)のあるディスプレイを搭載し、端部のベゼルを極限まで削減した狭額縁設計となっている。ノッチといえば、Huaweiが一番ライバル視している(と思われる)Appleは、2018年のiPhoneを全てノッチ付きディスプレイを備える狭額縁設計とした。

 そのこともあってか、今回最初の他社比較は「画面占有率とノッチとベゼルの幅」となった。インカメラ部分だけへこんでいるMate 20はもちろん、センサーが多いゆえにノッチが広いMate 20 Proであっても、「iPhone XS Max」や「iPhone XR」よりも画面占有率が高いことをアピール。ノッチはもちろん、ベゼルの幅も両機種より狭いことも強調した。

 さらに、本体の横幅を比較しつつ、側面に適度なカーブを描くことによってiPhoneシリーズよりも持ちやすいこともアピールした。

 Mate 20シリーズはiPhoneより画面に没入しやく、持ちやすいということを訴求した格好だ。

アプリの起動速度・安定性:iPhone XSより高速で、Galaxy Note9より安定

 Mate 20シリーズは、Huaweiの新型プロセッサ「Kirin 980」を初めて搭載する製品。同プロセッサは処理能力の向上を図りつつ、省電力性を高めたことが特徴だ。

 この処理能力の向上をアピールするために持ち出したのが「アプリの起動速度」。Mate 20 ProとiPhone XSでGoogle Playのダウンロード数で上位15アプリ(全てiOS版もある)で起動にかかる時間を比較したという。

 Huaweiの自社調べではあるが、全てのアプリがiPhone XSより1000ミリ秒(1秒)以上高速に起動できたという。「たった1秒」と思うかもしれないが、その1秒の積み重ねが使う上での心地よさの差となって出てくる可能性はあるだろう。

 さらに、自社の「HUAWEI P10 Plus」とサムスン電子の「Galaxy Note9」を比較対象として、利用開始から18カ月経過してもパフォーマンスが落ち込みにくいことも合わせて訴求した。

 アプリのインストールやバージョンアップを繰り返すと、スマートフォンは動作が不安定になったり、そこまで行かなくとも動作が重たくなったりすることがある。これもHuaweiの自社調べではあるものの、長く使ってもソフトウェア的な意味で安定性が高いとアピールしたかったものと思われる。

1/2ページ

最終更新:10/18(木) 15:13
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ