ここから本文です

ゆうパック、不在時の「置き配」は来年3月スタート

10/18(木) 16:18配信

ITmedia NEWS

 日本郵便は10月18日、宅配便「ゆうパック」で、受取人が不在時、あらかじめ指定した場所に荷物を置いておく「指定場所配達サービス」(置き配)を2019年3月18日に始めると発表した。自宅の宅配ボックス、郵便受け取り箱、メーターボックス、物置、車庫などに届けてもらえる。

 利用するには、日本郵便のWebサイト「ゆうびんポータル」で、無料の「ゆうびんID」を取得する必要がある。荷物を送る側が日本郵便に提供する届け先情報と、受け取り人の登録情報をマッチングし、受け取り人に「お届け予定通知」か「ご不在通知」メールを送る。これらのメールを受信すると、受け取り場所を指定できる。

 また、荷物を送る側が、日本郵便に出荷データを提供した上で、それらを活用することに同意していることも条件。生もの、チルド、代金引換など、利用できないゆうパックもある。

ITmedia NEWS

最終更新:10/18(木) 16:18
ITmedia NEWS

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ