ここから本文です

実写版「聖☆おにいさん」染谷将太「ブッダさんという役をライフワークに」

10/18(木) 22:58配信

コミックナタリー

中村光原作によるドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会が、本日10月18日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

【動画】【VR】ドラマ聖☆おにいさん特報【YouTubeアプリで見てね】(メディアギャラリー他19件)

上映会にはイエス役の松山ケンイチとブッダ役の染谷将太、監督を務めた福田雄一、製作総指揮を担当した山田孝之が登壇。インパクト抜群な2人の神のビジュアルに関し、松山は初めてイエスに扮したときの感想を「どこのホームレスだろう、と思いました」と振り返る。松山と染谷のキャスティングについて、山田は「みんなで何度も話し合っていく中でお二人の名前が挙がって、ぴったりだなと思いました」と話し、さらに自ら染谷のマネージャーに出演交渉も行ったと明かした。染谷は「原作ももちろん読んでいましたし、山田さんが総指揮で、監督さんが福田さんと聞いて、面白いものしか揃ってないと思いました」とオファーを受けた際の感想を振り返った。

今作がピッコマTVで放送されることに話題が及ぶと、福田は「携帯電話のサイズで、電車の中や寝る前、トイレとかで観ていただくものとして作ったんです。僕はずっと小田急線沿いに住んでいたので、下北沢から成城学園前に着くまでの間で1話見られるっていう尺で考えてます」と明かす。山田も「好きなタイミングで観てくれればいい」と話し、「中村光さんが、『自分の作品はトイレとかに置いてもらって、ふとしたときにちょっとずつ読み進めてもらうような感覚でいる』と仰っていたので、ぴったりだと思います」と気軽に観られる点をアピールした。

イベント後半、「この4人の中で最も神に近い人は?」という質問が司会から投げかけられると、染谷のみが山田を選び、ほか3名は染谷で一致。福田は染谷が以前空海の役を演じていることに触れ、「『寄生獣』の山崎貴監督に、染谷くんが衣装合わせしたときの写真を送ったんですよ。そしたら『なんか神々しい役ばっかりやってるね』って言ってました(笑)」というエピソードを披露した。染谷も「インタビューでこれからやりたい役を聞かれることがありますけど、『ブッダ役やりたい』なんて、誰も想像しないじゃないですか(笑)」と会場を笑わせつつ、山田を選んだ理由については「最初に『バクマン』で共演させていただいたときも、神々しくて近寄れなかったです」とリスペクトをにじませた。

山田は「原作もたくさんエピソードがあるので、2019年の間に何かしら第2期の情報を出そうと動いてます」と本作のシリーズ化について言及。福田も「僕はパート10ぐらいまでやるつもりです。4人のスケジュールが合ったときに撮って、気軽に出していけるコンテンツになったら」と語った。染谷も「ブッダさんという役をライフワークにしていけたらうれしいなと思います」と話し、松山は「まだまだたくさんエピソードもありますし、面白いシチュエーションもありますので、皆さん楽しみにしていてください」と締めくくった。

「聖☆おにいさん」は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごすブッダとイエスのコンビを描いたコメディ。ドラマはピッコマTVにて配信されているほか、イオンシネマ43劇場と東京・立川シネマシティにて2週間限定で上映されている。

■ 実写ドラマ「聖☆おにいさん」
ピッコマTVにて配信中

□ スタッフ
原作:中村光
製作総指揮:山田孝之
監督・脚本:福田雄一
出演:松山ケンイチ、染谷将太、山野海、佐藤二朗

□ ドラマ「聖☆おにいさん」エピソード
1巻:その1「最聖珍道中」
1巻:その7「ブッダとイエスのできるかな」
2巻:その11「ホスピタルフィーバー」
2巻:その15「サンパツ沐浴ドランカー」
3巻:その17「奇跡の物件」
6巻:その39「天国よいとこ一度はおいで」
8巻:その55「バカンスin立川以外」
9巻:その60「福も来た!鬼も来た!」
10巻:その71「白い聖人たち」
※ドラマは全10話で、ドラマオリジナルエピソードを1話収録。

(c)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会

最終更新:10/18(木) 22:58
コミックナタリー

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ