ここから本文です

折り鶴が羽ばたき、空を舞うのを見た。ローム×早稲田大学渡邉研の無人飛翔体「WiFly」

10/18(木) 8:00配信

bouncy

幕張メッセの中で、折り鶴が空を舞った。

A3サイズくらいの大きな折り鶴に、ラピスセミコンダクタの小型マイコンボードLazurite Flyを組み込んだ「WiFly」。

早稲田大学の渡邉研究室が開発した無人飛翔体で、プロペラではなく、実際に折り鶴の羽が羽ばたいて、空を舞う。
落下の原因となる傾きも自動で調整し、安定した飛行を可能とする。

鶴に使われた紙は、京都の伝統工芸品とコラボレーションしたもので、日本らしさが全身から醸し出されている。

CEATECでは、1日9回フライトデモが行われる。
折り紙の艷やかな舞いを、ぜひ眺めてみては?

CEATEC JAPAN 2018 出展のお知らせ
ローム株式会社

羽ばたき型MAV WiFly
渡邉研究室

Viibar.Inc

最終更新:10/18(木) 8:00
bouncy

あなたにおすすめの記事