ここから本文です

砂川の堤防決壊で住宅浸水 岡山市が豪雨の対応を検証する委員会設置

10/18(木) 18:35配信

KSB瀬戸内海放送

 西日本豪雨での対応を検証し、災害対応を見直すため岡山市が委員会を立ち上げました。

 岡山市が立ち上げた課題抽出・検討委員会は、大森市長のほか各局長や区長らが委員を務めます。

 岡山市は、西日本豪雨で砂川の堤防が決壊するなどして7700棟以上の住宅が被害を受けました。このほか、倒木や土砂崩れなどで依然として道路の通行止めなどが続いています。

 委員会では、初動や情報提供のあり方など各段階ごとに課題を洗い出し改善策を検討します。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「来年度予算が一番の問題ですが、防災にかかる計画をどう変更していくのか、こういったことも関係してくると思います」

 岡山市は今後、外部の有識者らにも災害対応に関する意見を聞く予定です。

最終更新:10/18(木) 18:53
KSB瀬戸内海放送

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ