ここから本文です

【映像】普段は見せないネコ科の素顔 英国動物園のインドライオン

10/19(金) 12:10配信

AP通信

ロンドン、イギリス、10月19日(AP)― 英国のロンドン動物園は10月18日、秋の到来を祝って飼育係が用意したシナモンなどの香料を染み込ませた枯れ葉の山で、まるでマタタビに酔ったネコのように無邪気に転げ回るインドライオンの映像を公開した。
 同動物園にいるインドライオンは、ここで生まれた7歳の「ルビー」を頭に「ハイジ」と「インディ」の3姉妹と、2016年にカナダから移ってきたオスの「バヌー」の4頭。
 飼育係が運び込んだ枯れ葉には、シナモンの他にカーダモンとクローブの香料も染み込ませてあり、ニオイに引き寄せられた3姉妹はその上で楽しそうに転げ回る。バヌーは獣舎の隅でこれをチラチラ横目で見ながら羨ましそう。
 姉妹が遊び終わるのを待って枯れ葉の山に横たわったバヌーは、嬉しそうに前足で枯れ葉を体の上に撒き散らし、葉を噛むなどして、普段は見せないネコ科の素顔を見せていた。
 インドライオンは、ロンドン動物園などを除けば、インド北西部グジャラート州のギル森林国立公園の野生生物保護区に600頭前後が生息しているだけ。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:10/19(金) 12:10
AP通信

あなたにおすすめの記事