ここから本文です

「アイツは干された」は間違い。YouTuber・カジサックとして始動したキンコン梶原の覚悟

10/19(金) 12:02配信

新R25

10月1日にキングコングの梶原雄太さんが、YouTuberカジサックとしてデビューしました。

第1回目の動画では「2019年末までにチャンネル登録者数が100万人を超えなかったら、芸人を引退します」と宣言し、ネットニュースになったので、見かけた人も多いと思います。

突然の発表に対して、「芸能人にそれは難しい」「YouTuberを舐めるな」などの逆風も吹いていますが、「なぜこんなチャレンジを?」「YouTubeで何がしたいの?」という話を本人に直接確かめてきました。

〈聞き手=福田啄也(新R25編集部)〉

福田:
『はねるのトびら』ドンピシャ世代としては、先日の「ギリギリス」動画を見てうれしくなりました。

今日はYouTuberデビューにいたった話を聞かせてください!

梶原さん:
そういう声が聞けるのはうれしいですね~。

オナシャス!(←これを流行らせたいそうです)

「梶原は干された…」ではなく、ひな壇バラエティが向いてなかった

福田:
まずみんなが気になっていることから聞かせてください。

2012年に『はねるのトびら』が終了してから、梶原さんをテレビで見かける回数が減りました。

世間からは「梶原はテレビから干された」などという声も聞いたこともありましたが…これって実際どうだったんですか?

梶原さん:
やはり気になりますよね。ボク自身、ネタで「干された」なんて言ってますが、実際はまったくもって違います。

単純にボクの実力が足りなかっただけなんですよ。

バラエティ番組は、時代に合わせて変化しています。ボクはその変化の波に乗れなかったんです。

福田:
どういうことですか?

梶原さん:
『はねトび』でやっていたような、コーナーで体を張って笑いを取るというのは、ボクに合っていました。

ただ、今のバラエティ番組の主流は、『アメトーーク!』のようにMCがいてひな壇にたくさん芸人がいて…という座組みですよね。ひな壇の芸人がトークして、それをMCがイジる…というような。

その座組みのなかで笑いを取ることができなかったんですよ。

福田:
なるほど…

それでいうと、相方の西野さんは10年以上前に「ひな壇に出るのは辞めます」と宣言されてましたね。

梶原さん:
そうです。西野とボクは、どっちもひな壇が苦手なんですよ。西野は早々に諦めて白旗を上げましたが、ボクはできる限り1人で頑張っていました。

でも、ひな壇の仕事ではほとんど爪痕を残せなかったんですよね。「これは自分に向いてねえな」ってわかりました(笑)。

福田:
言われてみれば、梶原さんがひな壇でトークしているイメージがないですね…

梶原さん:
そうでしょう(笑)。

だから「干された」というより、ひな壇バラエティで活躍ができなくて、需要がなくなっていったというほうが正しいですね。

1/7ページ

最終更新:10/19(金) 12:10
新R25

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ