ここから本文です

綾瀬はるかさん パラカヌー選手激励 東京五輪・パラCM撮影で岡山に

10/19(金) 19:00配信

山陽新聞デジタル

山陽新聞デジタル

 女優の綾瀬はるかさんが19日、2020年東京五輪・パラリンピックを目指す選手紹介のCM撮影で、岡山県吉備中央町を訪れ、パラカヌーで日本障害者カヌー協会の強化指定選手に選ばれている山田隼平さん(26)=同町=を激励した。

 撮影は大会公式パートナーを務めるパナソニックのプロジェクト「ビューティフルジャパン」の一環。綾瀬さんは20年までに47都道府県を巡り、若手選手の大会に懸ける思いや練習風景を紹介する。

 綾瀬さんは山田さんが所属するパナソニック吉備(同町竹部)を訪問。山田さんと電気機器の組立工場を見学し、ビス留めや梱包(こんぽう)作業を体験した。

 綾瀬さんは「上半身にすごく力が必要で大変そうな競技。楽しく努力し良い成績を出してほしい」とエール。山田さんは「応援を励みに東京を目指したい。自分の頑張る姿で障害者スポーツに活気を生めたら」と話した。

 パラカヌーは200メートルの直線コースでタイムを争う個人競技。CMはビューティフルジャパンのホームページで11月末から公開。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ