ここから本文です

日本人オーナーが未使用で保存していた1997年製「マクラーレンF1」が昨年売られる 今日は何の日: #10月19日 を振り返る

10/19(金) 5:00配信

Autoblog 日本版

10月19日、金曜日。1987年の今日、ニューヨーク株式市場で売り注文が殺到。米主力株で構成されているダウ工業株平均が前週末より508ドル安い1,738.74ドル、下げ率は22.6%と史上最大の下げ幅を記録し、月曜日に起こったことから「ブラックマンデー」と呼ばれています。この株価暴落の影響は世界中に波及し、東京市場も取引開始と同時に全面安状態となり、終値は3,836円安の2万1910円で、下落率は14.9%とこちらも史上最大の下げ幅を記録しています。

このときの暴落は明確な要因があったわけではないそうで、株価が急速に下落したことによってコンピュータによる売買が、損失を限定するために手仕舞い売り注文を出して、売りが売りを呼ぶ状態になったことが要因の1つとも言われています。バブル期であった日本は、この暴落の影響は短期的ですぐに回復し、約半年後には暴落前の水準を突破しています。しかし、1989年末の最高値3万8,915円87銭をピークに暴落に転じ、1990年10月には2万円を割る水準となり、バブルが崩壊して経済の低迷がしばらく続くことになりました。

それでは、本日も振り返っていきましょう。

2017年
・工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中
・ボルボから独立したポールスターが、初の市販モデルとなる600馬力のPHV「ポールスター1」を発表
・マツダのロータリー・エンジン、電気自動車のレンジエクステンダーとして復活か





2016年
・マツダ、流麗なクーペデザインを追い求めた「ルーチェロータリークーペ」「MX-5 RF」の2台を展示
・ポルシェ、ドアに電磁ダンパーの採用を検討中
・Genovation Cars社、現行C7型「コルベット」をベースにした新型電気自動車の受注を開始




2015年
・BMW、5シリーズの限定モデル「マエストロ」が99周年を記念し99台発売
・北米日産の重役、「脅威なのはテスラではなくUberだ」と発言
・ボルボ、小型車用の新プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」を発表




2014年
・60年代に人気を集めた、あの"バギー"が誕生するまで
・1969年式シボレー対1987年式ビュイックのマッスルカー対決
・近い将来、カーボンファイバーのコストはいまの10分の1になる




本日気になった見出しは、2017年の『工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中』でしょうか。せっかく購入したにもかかわらず、工場出荷時に取り付けられた保護用のカバーがテープでしっかり貼られた未使用の状態の1997年製「マクラーレンF1」が、英国で売りに出されていると話題でした。色はダンデライオン・イエローで、車体製造機番号が刻印されたタグ・ホイヤーの特製腕時計などの付属品も未使用の状態で残っており、このオーナーは将来価値が上がると見込んだ投資だったのではと思われるほど「新車」の状態です。

しかも、ビルドブックを確認すると日本在住のオーナーのために造られた車両で、運転席はセンターにあるにもかかわらず「右ハンドル」と記載されているそうです。いったい、いくらで売れたのかは定かではありませんが、もちろんすでに売却済みでした。

さて、本日は「iPhone XR」の予約開始日です。16時1分よりアップルストアをはじめ、各キャリアや量販店などで受付開始します。XSが発売されてから1ヵ月近く経っているのですっかり忘れてしまった人もいるかと思いますが、XR待ちだった人はお忘れなく。それでは、今日も1日頑張って週末に備えましょう。

いーじま(Norihisa Iijima)

最終更新:10/19(金) 9:40
Autoblog 日本版

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ