ここから本文です

リヴァプール、来年1月にオリジ放出へ…移籍金約29億円、エヴァートンら関心

10/19(金) 10:41配信

SOCCER KING

 リヴァプールが来年1月の移籍市場で、ベルギー代表FWディヴォック・オリジを放出する意向を持っているようだ。地元紙『リヴァプール・エコー』が18日に報じている。

 昨シーズンはヴォルフスブルクへレンタル移籍で加入し、今夏にリヴァプールへ復帰したオリジ。ユルゲン・クロップ監督の信頼を得られず、今シーズンは公式戦の出場機会がない。

 今回の報道によると、リヴァプールは来年1月の移籍市場でオリジを放出する意向を持っているという。移籍金は2000万ポンド(約29億3000万円)に設定されている模様。同選手の獲得に名乗りを上げるクラブが現れれば、交渉が行われることになりそうだ。

 なお同紙は、今夏の移籍市場でも獲得に乗り出していたウルヴァーハンプトン、そしてエヴァートンがオリジに関心を示していると報じた。

 オリジは1995年生まれの23歳。リールの下部組織出身で、2012年にトップチームへ昇格した。2014年夏にリヴァプールへ完全移籍で加入し、2014-15シーズンはレンタル移籍でリールに残留。昨シーズンはヴォルフスブルクへレンタル移籍で加入し、ブンデスリーガで31試合出場6得点を記録した。

SOCCER KING

最終更新:10/19(金) 12:22
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事