ここから本文です

混戦模様のリーガ、開幕8戦の総得点数が過去20年で最少…昨季から26点減

10/19(金) 15:43配信

SOCCER KING

 国際Aマッチウイークを終え、19日の第9節で再開を迎えるリーガ・エスパニョーラ。開幕8試合を終え、すでに無敗のクラブはなくなり、首位セビージャをバルセロナ、アトレティコ・マドリード、レアル・マドリードが追う展開となっている。

 スペイン紙『アス』によると、第8節終了時点での全クラブの総得点数が過去20年で最少となっているようだ。20クラブが戦う1部は第8節を終え、全79試合を消化(第3節のアスレティック・ビルバオvsラージョ・バジェカーノは延期)。記録された総得点数は「196」で、昨シーズンよりも26得点も少ないという。

 同紙は様々なデータを紹介。13クラブが昨シーズンの同時期よりも得点数を減らしており、バルセロナ(昨シーズン:24得点→今シーズン:19得点)、アトレティコ・マドリード(13得点→9得点)、レアル・マドリード(15得点→12得点)と、強豪3クラブも例外ではない。

 なお、第8節終了時点で首位に立っているセビージャは5勝1分け2敗の勝ち点「16」で、最下位のウエスカは勝ち点「5」。首位から最下位まで11ポイント差と、例年にない混戦模様となっている。

 今後も得点数が少ない傾向でシーズンが進むのか、各クラブの攻撃陣が奮起するのか。再開後のリーガ・エスパニョーラに注目だ。

SOCCER KING

最終更新:10/19(金) 15:43
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事