ここから本文です

本田真凜、公式練習転倒も「自己ベストを」…スケートアメリカ開幕

10/20(土) 6:14配信

スポーツ報知

 19日(日本時間20日)に開幕するフィギュアスケートのGPシリーズ第1戦、スケートアメリカは18日、ワシントン州エバレットで公式練習が行われ、2連覇を目指す平昌五輪女子代表の宮原知子(20)=関大=、同代表の坂本花織(18)=シスメックス=や、米国に拠点を移した16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(17)=JAL=が調整した。20日(同21日)にSP、21日(同22日)にフリーが行われる。

 本田は「SPもフリーも自己ベストを目指す」と目標を掲げた。18日の公式練習ではルッツやフリップの3回転ジャンプで転倒する場面があった。浅田真央を指導したこともある新コーチのラファエル・アルトゥニアン氏から助言を受け、踏み切りや助走を修正。「明日(19日)もう一回練習すれば良くなると思うので、自信を持っていきたい」。

 シニアに本格参戦した昨季はGPで2戦とも5位と壁にぶつかり、今季は初戦のネーベルホルン杯で6位と精彩を欠いた。「最初は大変なこともあったが、今は楽しいことの方が多い。一番必要なのはいい結果を出すこと」と意気込んだ。

最終更新:10/20(土) 6:14
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい