ここから本文です

在豪アメリカ大使館から「猫のパジャマ・パーティ」のメールが届いて世界が衝撃

10/20(土) 15:11配信

ハフポスト日本版

もしもあなたが、“架空の集会“の招待状をメールで送ってしまったら?

しかも、それが「猫のパジャマ・パーティ」だったらどうする?

オーストラリアのアメリカ大使館が、誤送信した1通のメールについて謝罪し、世界中で話題となっている。BBCなどが報じた。

大使館から届いた招待メールは、「猫のパジャマ・ジャム(パーティ)」という題で、猫がソファでくつろいでいる写真が添付されていた。

しかも、猫ちゃんは『セサミストリート』の人気キャラクター、クッキーモンスターのパジャマ姿で、チョコチップクッキーのお皿をお腹にのせている。なんとも楽しそうなパジャマパーティーのお誘いだ。こんなパーティならぜひ一度参加してみたい。

一体どうして、こんなことになったのだろう?

大使館によると、新人のトレーニング中に起きたミスだったらしい。

ガーディアンによると、在豪アメリカ大使館の職員は、「このパジャマパーティーに出席したいと思っている人たちを失望させて申し訳なく思っている」と謝罪したという。

在ニュージーランドのアメリカ大使館は、猫がPCを操作するGIF画像とともに、「ニュージーランドで大爆笑してます」とTwitterに投稿。

駐ニュージーランド大使、スコット・ブラウンさんも「パジャマパーティがキャンセルされて残念だ......。われわれは招待されてないけど!? ホストしなきゃ」とお茶目なコメントをつぶやいた。

可愛すぎる猫ニュースに、ネット上にも、「い、行きたすぎる」「笑えるニュースが増えるといいな」などの声が上がっている。

猫のジョーイ君とその飼い主であるジェニファーさんも、地元のテレビ局に取材を受けることに。

Instagramには、「ネコのパジャマパーティーが開催されないと知って、ジョーイはガッカリしています(笑)」と投稿された。

最終更新:10/20(土) 15:11
ハフポスト日本版

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ