ここから本文です

トロロッソ「悪天候が新エアロパッケージのテストに影響も、手応えを感じた」:F1アメリカGP金曜

10/20(土) 12:23配信

オートスポーツweb

 2018年F1アメリカGPの金曜、ウエットコンディションのなか、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=13番手/2=2番手、フリー走行1で走行したショーン・ゲラエルは20番手、フリー走行2で走行したブレンドン・ハートレーは6番手だった。

和やかに会話するチーム代表トスト、ガスリー、ハートレー(トロロッソ・ホンダ)

 ホンダは、日本GPで初めて本格導入した新型パワーユニットにさらに改良を加えたものを持ち込んできた。アメリカGPでこれを2台に搭載する予定で、金曜走行を前に、ガスリー車に7基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、6基目のMGU-Kが投入され、ガスリーがペナルティによりグリッド後方からのスタートになることがFIAから発表された。ハートレー車には土曜から新たなPUエレメントを使用する予定であり、ハートレーも後方グリッドに降格される見込みだ。

 一方トロロッソは新エアロパッケージを持ち込み、FP2でガスリー車を使ってテストを行っている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 ショーンが再びチームに合流し、FP1で走行してくれた。ただ、天候が悪く、理想的なコンディションではなかった。なぜか彼が我々とともにFP1で走ると、いつも雨が降るね。

 今日は2台のマシンを使って大規模なテストプログラムを実施した。ピエールのマシンに新しいエアロパッケージを導入する計画を立てていたが、FP1では難しいコンディションだったため、使用しないことを決めた。予定していたテスト項目には取り組めなかったが、インターミディエイト向けのコンディションでマシンを最高の状態で走らせるためのオペレーションの仕方について理解を深めた。

 FP2ではまだウエットコンディションだったものの、新エアロパッケージについて学びたかったので、ピエールのマシンに装着して走らせた。このコンディションでは空力パッケージについて判断するのは難しかったため、予定していたエアロレイクを装着してのテストはできなかったが、今日の走りを見る限り、うまく機能しているようなので、よかったと思う。

 ウエットタイヤとインターミディエイトタイヤを使い、2台を同じようなプランで走らせた。これから大量のデータを分析する。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/20(土) 12:23
オートスポーツweb

あなたにおすすめの記事